【リアルな口コミと評判】再春館製薬所の『痛散湯』試供品を徹底レビュー

ドモホルンリンクルで有名な再春館製薬所の痛散湯。

 

痛みを取り除いてくれる漢方薬としては、かなり有名な商品です。

 

このサイトでは、痛散湯のリアルな口コミと評判を赤裸々にレビューしていきます。

 

私自身、今回、この痛散湯を実際に取り寄せて飲んでみましたので、その感想と思ったことも詳細にレビューしていきたいと思います。

 

同封物に関しては、すべて写真を撮ってあります。

 

 

目次
  1. 痛散湯を実際に取り寄せてみました!
  2. 痛散湯の煎じ薬と顆粒を実際に飲んでみた感想
  3. 痛散湯を実際に愛用していた人の口コミ
  4. 痛散湯のレビューまとめ

痛散湯を実際に取り寄せてみました!

 

それでは実際に無料試供品を試してみた感想を申し込みから商品到着まで、時系列でみていきたいと思います。

 

申し込みから電話カウンセリングまで

以下の再春館製薬の痛散湯公式ページから申し込み画面に進みました。

 

公式ページでの申し込み

 

 

氏名や住所などの必要事項を記入していきます。

 

申し込み画面では、電話でのカウンセリングの希望日時を選択します。

 

私は2018年の元旦に申し込んでいて、翌日(1/2)の9:00〜12:00に電話でのカウンセリングを希望をしました。

 

翌日の11時半に電話がかかってきました

 

希望していた時間帯に電話がかかってきました。

 

以下は携帯画面のキャプチャ画像になります。

 

これを見てもわかる通り、電話があったのは11:35ですね。

 

また、通話時間を見てもわかる通り、4分間と思ったより短かったです。

 

電話カウンセリングという名目でセールスを仕掛けられるのかと思いましたが、さすがは再春館製薬。そんな姑息ではありませんでした。(笑)

 

聞かれたのは、以下のような項目です。

  • 痛みの症状
  • 痛みが出たきっかけとして思い当たるもの
  • 痛みの出ている期間
  • 届く無料試供品の内容

ざっとこんな感じでした。

 

最後に疑問点や聞いておきたいことなどはないかを聞かれ、電話カウンセリングが終了しました。

 

痛散湯の無料試供品を試してみたいと思っているけど、電話カウンセリングが心理的な障壁になっているという人も多いと思います。

 

ただ、今回体験してみて、カウンセラーの方も非常に丁寧で、親切な質疑応答とアドバイスをしてもらえたので、口下手でもそこまで心配する必要はないと思います。

 

再春館製薬所『痛散湯』公式ページはコチラ

 

無料試供品の到着と開封

 

電話カウンセリングから3日後、実際に無料試供品が届きました。

 

ちなみに裏面は以下のような感じです。

 

今回入っていた内容物を一覧で書いておきますね。

  • Thank Youレター
  • 試供品(煎じ薬と顆粒それぞれ1日分)
  • 申し込み方法に関するご案内
  • パンフレット×2(痛みのお噺・痛散湯のお噺)
  • 再春館製薬の新商品の案内
  • 社長の手紙

以下でそれぞれについて詳しく見ていきます。

 

Thank Youレター

 

まず、『漢方相談係一同』名義でThank Youレターが入っていました。

 

手書きのコピーではありますが、しっかりと感謝の言葉が入っているあたりに再春館製薬所の心遣いというか、丁寧さが感じられますね。

 

試供品(煎じ薬と顆粒それぞれ1日分)

 

煎じ薬と顆粒薬がそれぞれ1日分入っています。

 

香りや飲みやすさが違いますので、それぞれの好みに合わせたものを選ぶようにするといいでしょう。

 

味や香りなどに関しては、後半でまとめて紹介しています。

 

申し込み方法に関するご案内

 

試供品を試してみて、『良い商品だ!』『続けたい!』と思った人用に、申し込みの方法が詳細に書かれた冊子が入っています。

 

中には申し込み方法だけではなく、個人情報の取り扱い方針に関する細かい説明書きもされていました。

 

通販では個人情報に関してよく問題になりますので、この辺に対する配慮もかなりされている印象を受けました。

 

パンフレット×2(痛みのお噺・痛散湯のお噺)

 

痛散湯の詳細と、神経痛などの痛みに関する詳細が書かれたパンフレットが2冊入っています。

 

こちらは宣伝などではなく、あくまでもためになる話としての情報誌的な位置づけです。

 

痛みのお噺に関しては知らないことも多く、とてもためになりました。

 

今後の治療方針を考えていくうえでも、役立つ話だと思います。

 

再春館製薬の新商品の案内

 

再春館製薬が題しているほかの商品の案内も同封されていました。

 

今回同封されていたのは、温奏茶という一種の漢方薬です。

 

冬だったので、体を温めるための漢方薬ですね。

 

ちなみに、体を温めることは神経痛や肩こりなどを軽減するためにも有効的と言われているので、こちらを検討する人もいるかもしれませんね。

 

社長の手紙

 

最後に入っていたのは、『代用取締役社長 西川正明』名義の手紙です。

 

簡単に内容を書くと、

試供品を試していただきありがとうございます。
痛散湯を痛みの治療にぜひお役立てください。

というような内容でした。

 

再春館製薬所『痛散湯』公式ページはコチラ

痛散湯の煎じ薬と顆粒を実際に飲んでみた感想

 

痛散湯の煎じ薬と顆粒薬を実際に飲んでみました。

 

煎じ薬

 

本来の漢方は、こちらの煎じ薬のようです。

 

伝統的な漢方の摂取方法で実際に飲んでみました。

 

まず、香りは思ったより優しく、あまり強烈なにおいはしません。

 

漢方独特の草や根っこのにおいという感じですが、これくらいの香りであれば、この手の香りが苦手な人でも問題なく飲めるでしょう。

 

味に関しては、苦みはほとんどなく、後味は漢方独特の香りがふんわりと口に残る程度です。

 

煎じ薬は苦いというイメージがあったので意外でした。

 

顆粒薬


 

一方、顆粒薬も後日試してみました。

 

香りは、煎じ薬の香りを強くした感じのにおいです。

 

実際に口に含んでみても、香りは同じで、漢方独特の香りが鼻に抜けます。

 

漢方薬を飲んだことがある人は、一般的な顆粒の漢方薬をイメージするといいと思います。

 

まさに一般的な漢方薬といった感じでした。

 

煎じ薬があるのが有り難い

 

個人的には煎じ薬のほうが飲みやすかったですね。

 

そもそも粉薬が苦手なので、やはり顆粒は合わなかったです。

 

粉薬がうまく飲めるという人や抵抗がないという人は、顆粒のほうがいいという人もいるみたいです。

 

また、顆粒は持ち運びが簡単であるということから、外出先で飲む人に重宝されているようです。

 

一般的な漢方薬は、顆粒オンリーですので、煎じ薬があるのは個人的にありがたいと思いました。

 

痛散湯を実際に愛用していた人の口コミ

 

痛散湯の口コミをいくつかピックアップしてみました。

 

無料体験だけではなく、実際に商品を購入した人の意見も含まれているので、その点はあらかじめご了承ください。

 

良い口コミ

30代 男性
痛散湯の無料試供品で満足し、実際に商品を1年間使用していました。
顆粒のほうを使っていましたが、昔からあった坐骨神経痛の症状が半年ほどで軽くなりました。
なにをやっても一向に良くならなかった症状だったので、痛散湯にはとても感謝しております。

 

40代 女性
自分ではなく、高齢になる母が使用しています。
80を過ぎているため、顆粒が飲みにくいということで、煎じ薬のほうを愛用していますが、リウマチなどの神経痛にとてもよく聞くと満足してる様子です。
神経痛に関しては、整形外科を受診した際に、手術を勧められましたが、高齢ということもあり成功するかどうかはわからないといわれてしまいました。
結局手術は受けなかったのですが、今思うと手術ではなく漢方薬に頼ってよかったと思います。
母自身も、痛散湯は飲みやすく、今後も続けていきたいといっています。

 

悪い口コミ

20代 男性
私はあまり効果を感じませんでした。
3カ月だったので、漢方薬を続ける期間としては短いとも思いますが、価格を考えると続けるのが難しく辞めてしまいました。

 

40代 女性
漢方薬のにおいがきつく、個人的には続けるのが難しかったです。
特に顆粒のほうは、においもきついし、飲みにくいし、私には難しかったです。
商品を購入するまえの無料試供品段階で続けるのを断念しましたが、そういう意味では無料試供品があってよかったと思っています。

 

口コミに関しては、以下のページにまとめてありますので、より詳しく見たい場合は参照してみてください。

 

全体的な評判まとめ

 

実際に飲んでいた人の口コミを参考に、痛散湯のリアルな評判を考えてみます。

 

口コミを見てみると共通しているのがやはりどなたも3カ月程度を目安に効果を実感し始めているということです。

 

もちろん中にはもっと早く効果を実感し始めたという口コミもありますが、その一方で半年程度効果を全く感じなかったという人もいることに注意が必要です。

 

世間一般の痛散湯に関する評判は結構高いといえるでしょう。

 

再春館製薬自体が評判のいい会社なので、信頼して商品を購入することができるというのはとても大きいことだと思います。

痛散湯のレビューまとめ

 

今回、痛散湯の無料試供品を実際に試してみて思ったのは、何よりも丁寧ってところです。

 

痛散湯の感想よりも先に、率直にそう思いましたね。(笑)

 

肝心の漢方薬に関しては、さすが再春館製薬という感じでクオリティに関してはかなり高いと思いました。

 

飲みやすさという点に関しては、やはり漢方薬なので若干の癖はありますが、それでもできる限り飲みやすいように抑えてあるほうだと思います。

 

ただ、この部分に関しては個人差が大きいところですので、正確に判断するためにはやはり実際に試してみるのが一番でしょう。

 

再春館製薬の商品はクオリティに関しては申し分ないのですが、一番のネックは価格ですね。

 

続けるとなると結構な金額がかかってきてしまいます。

 

それでも市販の漢方薬や痛み止めを飲み続けるよりは、間違いなく体にいいと思いますので、悩んでいるのであれば一度試してみるのもいいかもしれませんね。

 

再春館製薬所『痛散湯』公式ページはコチラ